【速報】陸上部員、日本選手権で躍動!


クレイアーロン竜波 提供「月刊陸上」

第103回陸上日本選手権(博多の森陸上競技場)において、本校陸上部員クレイ・アーロン竜波(特進3-1・片瀬中学)が、男子800mで1分46秒59を記録し初優勝。この種目での高校生の優勝は史上初の快挙。タイムは日本歴代6位、U20日本新記録。自身が保持していたU18日本記録、高校記録も見事更新しました。
 また女子400mでは、高島咲季(特進3-2・秋葉台中学)が53秒68と同タイム着差で惜しくも準優勝。同種目で川崎夏実(文理3-2・久木中学)も6位入賞しました。

皆様のご声援を感謝するとともに、本校陸上競技部の今後の活躍にご期待ください。

 

 

優勝の瞬間! 提供「月刊陸上」
高校生&U20新記録達成! 提供「月刊陸上」
高島咲季、先頭 提供「月刊陸上」
健闘を讃えあう高島と川崎夏実 提供「月刊陸上」

見事銀メダル 提供「月刊陸上」

掲載日:2019年6月29日

ページトップへ