特進コース2年生 『リアルドラゴン桜プロジェクト』第1回報告です [tokushin]


第1回 ‘自分の生き方を考える’

 『リアルドラゴン桜プロジェクト』第1回目は、特進2年生全員が講師西岡さんの話を聞きました。内容は、多くの学生が希望する‘そこそこの人生’がAIやロボットが進化するこれからの世の中いかに難しいか。自分にはなれないという自分が決めた限界の線から勇気をもって一歩踏み出して、高い目標に向かって熱く生きる。自分にしかできない誇れるものを作ることが大切だというものでした。勉強ができなかった西岡さんが東大を目指し、東大に合格するまでの過程で分かったことを熱く語ってくださり、生徒たちは自分を見つめる機会になりました。
 「何のために勉強するのか?!」永遠のテーマに対する解答が、生徒たち一人ひとりに見えてきたように感じます。確実にモチベーションが上がってきた生徒たち。次回も楽しみです。
 

 

西岡講師 熱く語る

掲載日:2019年6月11日

ページトップへ