沿革

本校は、昭和13年(1938年)現神奈川県立小田原高等学校内に小田原夜間中学として設置認可を受け、小 田原中学校長林田政徳が初代校長、同校教諭が本校教諭を兼任、入学生徒100名をもって開校しました。

翌昭和14年校名を「相洋中学」と改称、小田原城西方の梅林を、生徒・教職員・保護者が一丸となって切り開き校舎を建築しました。開校当時のこの開拓精神は校訓の「質実剛健・勤勉努力」として後輩に受け継がれ現在に至っています。

昭和28年4月商業科、昭和35年4月工業科を設置しましたが、工業科は時代の趨勢により平成10年3月に閉科しました。

その後生徒の多様な進路希望に対応して普通科を進路別に「進学コース」「総合進学コース」「総合コース」に編成、各コース独自のカリキュラムで生徒の実態にあった授業を展開しました。

昭和59年4月大学への進学実績上昇を目途に、中学・高校6年間独自のカリキュラムを持つ、一貫コースが発足しました。

平成19年度より生徒の進路希望、実績を踏まえ教育組織を再編成し、普通科に「特進コース・選抜」「特進コース・特進」「文理コース・理科」「文理コース・文科」「進学コース」を設置、商業科(情報処理)はそのまま存続させました。

平成24年4月より、授業日を週5日制から週6日制ににしました。また、平成25年度入学生より普通科を再度編成しなおし、「特進コース(選抜・特進)」「文理コース(理科・文科)」「進学コース」とします。

平成10年創立60周年を記念して2号館を改築。21世紀の教育、「情報教育」「マルチメディア教育」を先取りした学び舎が竣工しました。学業以外の部活動・海外研修事業等でも常に時代・社会の要請に応じた活動を展開し、創立以来幾多の優秀な人材を世に送り出しています。

ページトップへ