普通救命講習実施


 7月11日(水)に小田原消防南分署より、6名の消防署員の方々を迎え、「普通救命講習Ⅰ」の3時間講習を19名の希望者生徒対象に実施しました。
 当日は4班に別れ、それぞれの担当の消防士の方から、胸骨圧迫やAEDの使用方法だけでなく、協力の求め方なども含めて心肺蘇生法を習得し、ロールプレイングも行ったことで、より実践的な学びになったようです。
 いつ、どこで、救命の場に遭遇するかはわかりませんが、勇気を出して、自分の出来ることを協力し、今日の学びを役立てて欲しいと思っています。


掲載日:2018年7月14日

ページトップへ