ブータン王国五輪選手、弓道部訪問


9月19日(火)に、東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプの一環として、ブータン王国のリオデジャネイロ五輪代表者を含む6名のアーチェリー選手・コーチ団が来校し、本校弓道部の生徒との交流を行いました。
部員生徒が、弓道の説明を行った後、実際に日本の弓を引いてもらいました。同じ弓を使った競技ですが、アーチェリーとは全く違う弓道の体験を通して、日本特有の文化を知ってもらうことができたと思います。日本の文化を通じての交流は、大変有意義なものとなりました。



掲載日:2017年9月19日

ページトップへ